おかざき矯正歯科クリニック院長ブログ

当クリニック患者様向け情報を提供します。 「おかざき矯正歯科クリニック」は茨城県水戸市にある矯正歯科です。

2016年7月28日木曜日

歯面清掃器具「エアフロー」導入紹介

(株)松風の歯科医師向け情報誌「ha・ha・ha」70号に、当クリニックでの「エアフロー」導入・使用感などが紹介されました。

エアフローは、歯周病治療の分野では性能が評価されていますが、矯正治療分野への応用はこれからのようです。



エアフロー紹介ページ(歯科医師向)
http://www.shofu.co.jp/pickup/ems_scaler_airflow/airflow_master.html

2016年1月11日月曜日

第20回米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナー

第20回米国歯科大学院同窓会(JSAPD)公開セミナーで「埋伏歯(骨の中に埋まったまま出てこない歯)の治療方法」について30分ほど講演させていただきました。
JSAPD会員は著名な先生が多くその門下の先生や、海外留学を目指す歯科医師など多数参加いただきました。

http://jsapd.org/



2015年2月22日日曜日

第23回茨城県歯科医学会

2月22日(日)、水戸プラザホテルにて第23回茨城県歯科医学会が開催されました。
院長の岡崎が4回目の実行委員長を務めさせていただきました。
ありがたいことに、昨年の大雪とうって変わりの晴天。
歯科医師、そのスタッフ、そして歯科専門学校の学生、県民の皆様と様々な方に参加いただき、過去最高の参加人数となりました。






2014年10月2日木曜日

エアフロー 矯正装置周囲への使用例

当クリニックでの『矯正装置周囲へのエアフロー使用例』が松風社の案内に掲載されました。



2014年6月29日日曜日

歯のクリーニング機器

患者様の歯をクリーニングするための機器「エアフロー」を導入しました。
グリシンというアミノ酸を歯に噴射して汚れを落とします。

訪問説明の際に私自身も体験しました。とても気持ちがよかったですよ。

 

 

2013年12月23日月曜日

第22回茨城県歯科医学会 県民公開講座

【お知らせ】
平成26年2月9日(日曜)第22回茨城県歯科医学会(水戸プラザホテル)において「県民公開講座」が開催されいます。
1月9日電話にて申し込み受付開始(茨城県歯科医師会 029-252-2561)。
多くの皆様の参加をお待ちいたします。

公開講座Ⅰ:
10:00~12:00
歯がいい人はボケにくい-歯と口から始めるアンチエイジング-
講師:日本歯科大学附属病院臨床教授 倉治ななえ 先生

公開講座Ⅱ:
13:30~15:30
なぜ,かかりつけ歯科医がいる人は長生きか
講師:首都大学東京 大学院 教授 星 旦二 先生

公開講座Ⅲ:
12:30~16:00
弁当プロジェクト
—「食べる」を育てる・維持する・補う- 
いばらき専門カレッジリーグ・(公社)茨城県歯科医師会・食文化研究会
5カレッジ学生発表 + シンポジウム + 試食会

茨城県歯科医師会 歯科医学会ページ

2013年11月13日水曜日

県民の日(茨城県)

今日は県民の日ですね。学校が休みで診療は忙しくなるかな?

北海道出身の先生にその話をしたところ、北海道には道民の日がないそうです。
2つめのリンクWikipediaを見て下さい。半分ほどの都道府県で設定されているようです。
せっかくのお休み、茨城を満喫して下さい!

茨城県のホームページ(県民の日)


Wikipedia県民の日

2012年12月23日日曜日

第21回茨城県歯科医学会 県民公開講座

県民の皆様向け案内


 平成25年2月3日に開催される第21回茨城県歯科医学会の県民公開講座の案内です。
 今回は、テレビなどでもおなじみの 宝田恭子 先生による「表情筋のトレーニングとアンチエイジング」のお話しです。

 100名限定、事前申込が必要、1月8日(火曜)から茨城県歯科医師会(029-252-2561)にて受付開始。

皆様の参加をお待ちいたします!


第21回 茨城県歯科医学会

歯科医師向け案内


 2013年2月3日(日曜)に開催される第21回茨城県歯科医学会の各種案内・プログラムなどが完成しました。

 ぜひ茨城県歯科医師会のホームページでご確認ください。

 協賛の茨城県歯科衛生士会・技工士会会員の他、県外の日歯会員、会員の診療にご協力いただいている病院歯科(会員外可)、大学病院関係の皆さんも参加受け入れております。

 皆様の参加をお待ちいたします!


 

2012年11月18日日曜日

茨城県 大洗水族館

 
いつも歯の話しばかりなので今日は茨城の昔の写真を。
 
初代『茨城県 大洗水族館』
1969年(昭和44年)5月27日、院長の小学校の遠足の写真。
集合写真から切り取った画像なので、竜宮城の全景が見えないのが残念。
 
アクアワールドのホームページ「館長挨拶」のページに下のような記載がありました。
 
『「アクアワールド茨城県大洗水族館」は平成14年3月21日にオープンいたしましたが、昭和27年に設立された 「茨城県立大洗水族館」から数えて三代目となります。』



2012年6月20日水曜日

お子さんの歯の数について

6月18日の茨城新聞「茨城県歯科医師会 歯科コラム」を担当しました。タイトルは「お子さんの歯の数について」です。

 お子さんの歯の数は、『先天欠損歯(先天欠如歯)』といって生まれつきたりない場合や、『過剰歯』といい余分な歯があることもあります。

 先天欠損歯のある比率は10.06%(日本小児歯科学会,2010)、過剰歯は当クリニックの調査で男女計5.1%。発現頻度には性差があり、男性9.3%・女性2.9%と男性が女性の3倍の発現率でした(第53回北海道矯正歯科学会学術大会)。 (2012年6月18日 茨城新聞 茨城県歯科医師会 記事広告)

2012年6月18日月曜日

過剰歯の発現頻度

 2012年6月17日(日曜)第53回北海道矯正歯科学会に参加してきました。

 今回は、当クリニックの過剰歯発現頻度や診断上の注意点について、広沢先生に発表してもらいました。

 過剰歯は今回の調査で男女計5.1%。発現頻度には性差があり、男性9.3%・女性2.9%と男性が女性の3倍の発現率でした。

 スライドタイトル中央のレントゲン写真にも、上向きの過剰歯が写っています。下の写真は過剰歯(上向き2本)のCT画像です。








2012年5月21日月曜日

金環日食



診療時間前でしたので「金環日食」撮影できました。
水戸は晴れてよかったですね。

2012年4月2日月曜日

平成24年度日歯生涯研修セミナー(茨城)

歯科医師向け案内


 平成24年6月3日(日曜)茨城県歯科医師会館(水戸市)において平成24年度日歯生涯研修セミナーが開催されます。
 茨城県歯科医師会ホームページに、案内・申込用紙を掲載しました。

 茨城県歯科医師会会員歯科医院勤務スタッフ、県外の日本歯科医師会会員も参加できます。
 多くの皆さんの参加をお待ちいたします。



2012年3月16日金曜日

デーモンフォーラム(Damon Forum)参加レポート




2012年1月18~21日に参加してきました『デーモンフォーラム2012(Damon Forum)』の参加レポートが、Ormco社から届きました。
1ページ目とはうれしいですね。

http://okazakiortho.com/doc/DAMON_FORUM_REPORT_2012_4.pdf

2012年3月7日水曜日

茨城歯科専門学校 卒業式



平成23年度茨城歯科専門学校の卒業式が挙行されました。
卒業生の皆さんおめでとうございます。

歯科衛生士科の学生さんは、全員が袴姿で、大変華やかな卒業式でした。
クリニック待合室にも案内ポスターを掲出していますが、歯科衛生士の求人は、この不景気の中10倍を超えています。

もし、興味のある学生さんはぜひご相談下さい。


2012年2月20日月曜日

第20回茨城県歯科医学会





 
2012年2月19日、水戸プラザホテルにて第20回茨城県歯科医学会が開催されました。


「デンタルファミリー(衛生士・技工士・専門学校学生)みんなで研鑽する、自らが発表する能動的な学会」も、完成度を増してきた様に思います。特に、衛生士学校2年生による30分にわたる口演発表は見事でした。

そして今回は、デンタルファミリーだけではなく、県民の皆様にも噛むかむレシピコンテストとして参加いただき、かむことを意識した多くのレシピを発表いただきました。
今回の受賞作品


参加者数も1,156人と最多更新。今回、初の実行委員長、無事終了して一安心です。

2012年1月22日日曜日

Damon Forum 2012



2012年1月18~20日、フェニックスで開催されたDamon Forumに参加してきました。
昨年の矯正歯科学会Ormco社のブースレクチャーをさせていただいた際お誘いを受けて、初参加です。

昨年は、Orlando, Floridaでの開催だったため、2年ぶりのFhoenix, Arizonaでの開催。
今回、日本からはDamonの講演をなさっている星野先生(広尾・浦安開業)、武内先生(行徳開業・元北大矯正 助教授)、高先生(豊島区開業)と私の4名が参加しました。

Damonシステムでの特徴的な治療方法(Variable Torque)の講演の他、日本に未導入の新しい技術の紹介も数多くあり、充実した3日間でした。


Ormco社のVicente Reynal新社長が登壇したり、Damon先生(写真)も久しぶりの講演をしたり、例年にはない話題も多くあったようです。

2011年12月23日金曜日

第20回茨城県歯科医学会 県民公開講座

茨城県歯科医学会/一般の皆さん向け案内2


 2012年2月19日に開催される第20回茨城県歯科医学会において、午前・午後一演題ずつ一般の皆さんを対象とした『県民公開講座』を開催します。

【日時】 平成24年2月19日(日曜)
【場所】 水戸プラザホテル

【演題】
●公開講座Ⅰ10:00~12:00
  咬合と咀嚼で創る健康長寿(健口長寿)
     講師:茨城県歯科医師会 会員(土浦開業)
               歯科医師 上濱 正 先生

●公開講座Ⅱ13:30~15:30 企画:東西茨城支部
  本県発のユニークな健康づくり活動の取組み
    -キーワードは,地域での展開,一挙両得-
     講師:環境省水・大気環境局大気環境課長
            (元茨城県保健福祉部長)
                 医師 山本光昭 先生

【定員】 各100名(申し込み順)
【申込】 1月25日(水)より受け付け開始
         電話にて茨城県歯科医師会事務局まで
          Phone:029-252-2561
【参加費】 無料

 興味のある方、ぜひご参加をお待ちいたします。

  第20回茨城県歯科医学会 県民公開講座 案内
  茨城県歯科医師会ホームページ

茨城県歯科医学会 レシピコンテスト

茨城県歯科医学会/一般の皆さん向け案内1


 平成24年2月19日に開催される第20回茨城県歯科医学会において、茨城県歯科医師会8020・6424運動推進企画『噛かむかむレシピコンテスト』の表彰を行います(12:00~)。


 1月7日までレシピも募集中です。
 料理上手の方、ぜひご応募下さい!


     噛かむかむレシピコンテスト 案内
     咬む咬むレシピコンテスト応募用紙



第20回茨城県歯科医学会 案内

歯科医師向け案内


 平成24年2月19日(日曜)水戸プラザホテルにおいて第20回茨城県歯科医学会が開催されます。

 茨城県歯科医師会ホームページに、プログラム・会場図・タイムテーブル・事前登録が必要なテーブルクリニック案内など掲載しました。

 協賛の茨城県歯科衛生士会・技工士会会員の他、県外の日歯会員、会員の診療にご協力いただいている病院歯科(会員外可)、大学病院関係の皆さんも参加受け入れております。


 多くの皆さんの参加をお待ちいたします。


茨城県歯科医師会ホームページ/茨城県歯科医学会プログラム

http://www.ibasikai.or.jp/program.html

2011年11月13日日曜日

8020・6424歯の健康フェスティバル










2011年11月13日(日曜日)第20回8020・6424歯の健康フェスティバルが開催されました。
http://www.ibasikai.or.jp/festival/20th/20th_festival_pamphlet.pdf

茨城グルメ祭りや茨大祭と日程が重なってしまいましたが、たくさんの方に来場いただきました。
今年から企画が大きく変わりましたので、今年見逃した方もぜひ来年お越し下さい!

毎年11月に開催です。

2011年10月19日水曜日

オームコJOSブースレクチャー終了






無事10月18日、日本矯正歯科学会でのオームコJOS2011ブースレクチャーを終了しました。
たくさんの矯正科医にデーモンシステムについて興味を持っていただけたかと思います。

写真は、中央3人が右から講師をつとめた武内先生・星野先生と私、そして左端がオームコジャパンの小林社長、右端はオームコ社アジア・パシフィック地域の責任者コリンです。

コリンはオーストラリア出身で、私と同じ年齢。
また、オーストラリアの話をしていたところ、Oregon Health Sciences大学・矯正時代1学年上の留学生・アントニーと知り合いで、懐かしくいろいろと話が弾みました。


オレゴン(OHSU・歯学部)の矯正(専門医)コースは、私の在籍当時1学年4人、そのうち1人が留学生枠。アントニーは、現在メルボルンとキャンベラで矯正歯科医をしていますが、同じ留学生と云うこともあり、当時アメリカ人の先輩・同級生たち以上に、たくさんのアドバイスをもらいました。
治療も上手で私の矯正治療の主治医でもありました。


懐かしいので、メルボルンでアントニーに再会した時の写真も紹介しましょう。


2011年9月9日金曜日

日本矯正歯科学会 Ormcoブースレクチャー

 10月18日名古屋の日本矯正歯科学会で、3年ぶりにOrmco社のブースレクチャーを担当させていただくことになりました。
 もちろん当クリニックで使用しているDamon System(デーモンシステム)についてです。

 一緒に講演するお二人が、デーモンシステムの第一人者の 星野 亨 先生と、ご自身で矯正セミナーを主催している 武内 豊 先生。
 しかも、米国歯科大学院同窓会会員の星野先生、私の学生時代北大・矯正の助教授だった武内先生と、お二人とも知り合いです。


 胸を借りるつもりで登壇してきます。

 そう言えば、4月にデーモンブラケットがクリアタイプとなりましたが、ホームページに紹介していませんね。講演準備の合間を見て紹介します!(写真が新しいデーモンクリアブラケットです。)


Ormcoブースレクチャー案内パンフ(PDF:380KB)


2011年8月18日木曜日

茨城のご当地 『よ坊さん』




茨城のご当地『よ坊さん』(歯科医師会のキャラクター)。待合室に登場!

印籠の数字6424は「ロクヨンニイヨン」と読みます。

64歳で24本の歯を保ちましょうと云う茨城県の独自目標値です。
日本歯科医師会の8020(ハチマルニイマル)と並べて使うこともあります。
「ムシバニシナイ」とも読めるし、統計的にも良い目標値ですし、6x4=24となるし、なかなか優れものですね。

2011年8月15日月曜日

エアコン復旧






お盆休み中にエアコン復旧工事を行いました。
震災後、急冷全開か停止しかできなくなった診療室のエアコン。しかも、再開できないことも・・・・・。

汗をかきながら診療していたり、節電のポスターを掲示しながらとても寒い時があったのは、このためでした。大変ご不便をおかけしました。

この度、無事復旧、お盆明けからは一定の温度で節電に協力できます。


ちなみに、待合室に掲示している節電ポスター、クリニックのロゴマークをつくってくれた阿部岳さんの作品です。
http://www.gakudesign.com/index.html

2011年7月13日水曜日

震災による外構工事


7月12日(火曜)~16日(土曜)まで、震災により損壊したクリニック南側の外構修繕工事を行います。


駐車場に資材をおいているため、満車の際には契約コインパーキングをご利用いただきますようお願いいたします。

2011年6月9日木曜日

戴帽式-歯科専門学校衛生士科




本日、茨城歯科専門学校歯科衛生士科の戴帽式に出席しました。
はじめて臨床の場に出て実習する前に、先生からナースキャップをつけてもらい、誓いの詞を唱える、歯科衛生士に向けてのスタートのセレモニーです。

厳かな雰囲気のなか、無事終了しました。

今回、県歯科医師会の理事として案内をいただきました。
昨年まで県歯学術委員会でご一緒させていただいた小鹿校長、田中教頭、水戸の学術委員会で10年以上一緒にがんばった小澤教務副部長への感謝と応援の気持ちで参加しました。

通院いただいている患者様は、治療を通して歯科スタッフの重要性はお気づきのことかと思います。
歯科医が一人でがんばっても仕事は成り立ちません。

今日戴帽式を終えた皆さんは、一人も脱落することなく、歯科衛生士を天職にしていただきたいと思います。

2011年3月13日日曜日

地震

東日本大地震で被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。

今回の大震災の影響により、診療をしばらく臨時休診とさせていただいております。
ご不便をお掛けいたしますが、もうしばらくお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。

 ・3月13日(日曜)に電気は開通いたしました。
 ・現在、水道の開通待ちと、診療室に散乱した模型・カルテ・その他設備の復旧中です。
 ・復旧は3月18日(金曜)頃を目標としてがんばっております。


臨時休診・今後の計画停電・アポイントの乱れなどにて、しばらくの間ご迷惑をおかけすることとなりますが、よろしくお願いいたします。

追記:3月18日(金曜) 無事診療開始しました。

2011年2月7日月曜日

第19回茨城県歯科医学会




 第19回茨城県歯科医学会が平成22年2月6日に水戸プラザホテルにて開催されました。前回と異なり天気にも恵まれ気持ちよい開会となりました。私は、企画・抄録集の作成など裏方を担当してきたため、当日は全体の進行管理、開会式・閉会式の司会が主な役割です。

 歯科関係者向けの企画だけではなく、一般の皆さんへ対象の企画もありました。開会式前と昼休み時間には弦楽四重奏演奏。また、県民公開講座が午前・午後2演題開催されました。午前の公開講座は、11年間続いている「東西茨城支部食文化研究会」による『「食」をKey Wordとしたヘルスプロモーションの展開』です。「楽食・楽膳のすすめ」と云う講演会と楽食の試食会が行われました。そして、午後には東京歯科大学名誉教授の町田先生による「子供の咬み合わせ」についての講演がありました。

 一般の方も含めると1,100名を越える史上最多の参加者数、プラザホテルをほぼ貸し切りの大きなイベントです。歯科医学会実行委員長の小鹿先生(学術部長)と二人三脚で実行副委員長(学術委員長)を4年間勤めさせていただきました。大変貴重な経験をさせていただきました。ご協力いただきました皆さんに感謝いたします。

 次回は平成24年2月19日(日曜日)、第20回の記念大会となります。県民公開講座も開催されます。ぜひご参加下さい。

2010年12月12日日曜日

アーカスプロジェクト2010 いばらき

おかざき矯正歯科クリニックが昨年から協賛している「アーカスプロジェクト2010 いばらき」で、今回、「スポンサーズコレクション」展を開催するとのことで、廣澤先生と見学に行ってきました。

事前に送付しておいた「矯正装置の模型・スマイル写真・日本歯科医師会のキャラクター予防さん」を、他の協賛企業のグッズとともに展示してくれていました。
私の隣に立っている背の高い白人さんが、スポンサーズコレクションを企画してくれたデヴィッド・ブレイザー(オーストラリア)です。
隣のソンミン・アン(シンガポール)の部屋では、守谷まなびの里が小学校だった時代の卒業アルバム、卒業生が校歌を歌うビデオ、ダライラマの本を日本人と協力して英語に逆翻訳するプロジェクトなど様々な展示がありました。
何十年も前に歌ったはずの校歌は、何となくおぼえているけれどもすべては歌えない。それを、みんなで合唱すると歌える。そこから何を考えるか・・・。と云った感じのアートです。

ソンミンのアーティストトークの時間に、スペシャルゲストのセインカミュさん登場。彼がソンミンのアートをどのように解釈するかを聞きソンミンとディスカッションする企画。
現代アートの解釈は人それぞれ様々ですので、何の知識もなくそれを見て説明するなんて云う仕事をよく引き受けたものだと尊敬。しかもソンミンがわざと隠しておいた解説とほぼ合致していたので、ますます感動の1時間でした。




2010年11月14日日曜日

第19回県民歯科保健大会






県と県歯科医師会主催の県民歯科保健大会(歯の健康フェスティバル)のお手伝いに参加しました。
学術委員は例年通り、『歯周病チェック・健口相談』の担当です。
地域の皆さんに公開するようになって4回目かと思いますが、年々参加者が増えています。そのため、残念ながら他の企画を見る暇があまりありませんでした。
ハッスル黄門の着ぐるみの他、予防さん・イバライガーなどいて子供たちに人気だったそうです。


そして今回、嬉しいことに、歯の衛生に関するポスターコンクール表彰者名に、クリニックの患者さんのお名前がありました!


皆さん、来年も開催されますので、ぜひクリニックの案内掲示板をご覧下さい。

2010年10月28日木曜日

日本矯正歯科学会 専門医

2006年に創設された『日本矯正歯科学会の専門医』、資格をいただいた後も、5年に1回更新しなくてはなりません。

更新には、『専門医資格取得(または更新)後、歯を動かす治療を終了し、2年間以上経過した資料(記録)を3症例提出し、審査に合格する』必要があります。
(この条件をクリアするには、取得(または更新)後3年~5年の間に3症例合格)

昨年、第1回の更新審査がありましたが、かなり厳しい審査だったとのこと。
今年9月の日本矯正歯科学会で3症例提出、無事3症例とも合格しました。

2010年10月7日木曜日

ノーベル化学賞

鈴木章先生、学部も違いお会いしたこともありませんが、私が生きている間に北大からノーベル賞受賞者がでるとは予想しておりませんでした。


同窓としてこれほど嬉しいことはありません!


>スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、10年のノーベル化学賞を、有機化合物の革新的な合成法を開発した鈴木章・北海道大名誉教授(80)、根岸英一・米パデュー大特別教授(75)、リチャード・ヘック米デラウェア大名誉教授(79)の3氏に授与すると発表した。

2010年10月1日金曜日

シンポジウム-長期症例に学ぶ-

★★★ 歯科医師向け案内 ★★★

シンポジウム「長期症例に学ぶ」のご案内

この度、茨城県歯科医師会では下記の通り「シンポジウム-長期症例に学ぶ-」を開催することになりました。咬合の崩壊を招かないためには我々がどのようなことに留意すべきか、長期症例の観察を通しじっくり学ぶ一日となるかと思います。
ぜひ御聴講いただきますようご案内いたします。

シンポジウム-長期症例に学ぶ-

日時:平成22年11月28日(日曜日) 10:00~16:00
場所:茨城県歯科医師会館 3階講堂

講演:

【講演1】重度歯周炎患者の経過から歯牙、インプラントの喪失理由を考える
      西堀雅一 先生(東京都開業)
【講演2】長期症例から観た補綴の臨床的課題とエビデンスに基づく臨床対応策の考察
      岩田健男 先生(東京都開業、デンタルヘルス・アソシエート代表)
【ディスカッション】進行: 茨城県歯科医師会学術担当理事 小鹿 典雄

募集人数: 150名(茨城県歯科医師会会員、県内病院歯科・大学勤務者、県外日歯会員) 
参加費: 2,000円(昼食代込)

問い合わせ: 茨城県歯科医師会事務局 Phone:029-252-2561

2010年9月6日月曜日

寺西邦彦先生講演会

★★★ 歯科医師向け案内 ★★★

 水戸市歯科医師会学術講演会が2010 年9 月26 日(日)、茨歯会館にて行われます。
 今年は東京都港区開業の寺西邦彦先生をお迎えして、日常臨床における欠損補綴全般についてお話ししていただく予定です。
 寺西邦彦先生は、大学を卒業後、総義歯で御高名な阿部晴彦先生に師事、南カルフォルニア大学に留学後、東京都港区赤坂に開業されております。当時から 我国における歯科治療のほとんどが再治療といった現状を考え、原因の究明に重点をおき、総合的な診査・診断・治療計画に基づく治療を行っておられます。その後、「ビジュアルセミナー臨床咬合学入門」「ビジュアルセミナー臨床総義歯学入門」(クインテッセンス出版)を執筆され、学生時代に目にした先生方も多いのではないでしょうか。
 現在は、部分欠損から無歯顎補綴まで、長期にわたってやり直しのない治療をコンセプトに、総義歯補綴からアドバンスなインプラント補綴まで数多くの症例を手がけられております。その長期症例からは、私たちの日常臨床における成功の秘訣が数多く学べるものと思います。

統一テーマ:明日の臨床に活かす
今回のテーマ:欠損補綴に強くなる
講師: 寺西邦彦 先生(東京都港区赤坂 開業)
日時:平成22 年9 月26 日(日曜日)10:00~13:00
場所:茨城県歯科医師会館 3F 講堂
参加者:歯科医師・歯科衛生士・その他歯科医療従事者
会費:無料

開催案内

2010年9月1日水曜日

廣澤知之先生着任

片桐先生の退職後、7~8月と2か月間岡崎1人での診療となっておりました。
9月1日より新任の廣澤知之先生が無事着任しました。
大学・大学院とも私の後輩です。

略歴などはホームページまたは携帯ホームページ「歯科医師紹介」欄をご覧下さい。

2010年6月14日月曜日

日本歯科医師会雑誌2010年6月号

日本歯科医師会雑誌2010年6月号に私の書いた「都道府県学術メッセージ」が掲載されました。
1年半前にも同じコーナーに書いたのですが、日本中の開業歯科医が見るので同級生から久しぶりにメールが届いたりしました。

今回も楽しみです!


裏側が新刊本の広告だったので多少読みにくいところもありますがPDFアップします。

http://okazakiortho.com/doc/gakujyutsu_message10_6.pdf

札幌

今週は、15日・16日顎変形症学会、20日北海道矯正歯科学会と札幌を2往復してきます。
患者様には、変則診療日程で大変ご迷惑をおかけします。

体力的には大変ですが、(おそらく)梅雨入りした水戸をほんのひととき離れ、すがすがしい札幌にいられるのもありがたいことです。

顎変形症学会は全国の大学が担当しますので、週に2回札幌は今年のみです。





写真は昨日のクリニック前つつじです。

2010年4月11日日曜日

毛利衞さん講演

本日、毛利衞さんの講演を聴いてきました。

宇宙に2度も行った方だけあってお話しもパワフル。
宇宙旅行のエピソード・地球のすばらしさに加え、生命の持続性についても多く学びました。

半年以上も前から企画されていた講演でしたが、山崎直子さんが飛び野口聡一さんと二人の日本人が国際宇宙ステーションにいる日にお話を聞けるとは何ともタイムリーな!
毛利さんは明日、山崎さん・野口さんと地上から交信するとのこと。キット明日の夜のニュースでその様子が流れるのでしょう。

宇宙飛行士に選ばれた当時、毛利さんは北大工学部の助教授、私は工学部の向かい側の歯学部学生、とてもウキウキしたことを思い出しました。

2010年4月10日土曜日

平成22年度 日歯生涯研修セミナー 茨城会場

★★★ 歯科医師向け案内 ★★★

平成22年度日歯生涯研修セミナーが茨城県で開催さ入れます。
他県、日歯会員も受け入れております。
茨歯会ホームページより申込用紙をダウンロードしファックスにてお申し込み下さい。

メインテーマ:「歯科医療の新たな潮流 -再生医療と最新歯科治療-」
日時: 平成22 年5 月23 日(日曜日) 10:00~16:00
場所: 茨城県歯科医師会館 3階講堂
     水戸市見和2 丁目292 Phone:029-252-2561
対象: 茨城県歯科医師会会員、日本歯科医師会会員

講演:
10:15~12:15
【講演1】 再生医療「骨形成」 ~そのメカニズムと有効性~
                 東京医科歯科大学 教授 山口 朗 先生
13:00~15:00
【講演2】 歯を守る最新歯内療法 ~基本技術から難症例の対応まで~
                 東京医科歯科大学 教授 須田英明 先生
15:00~16:00
【ディスカッション】 進行: 茨城県歯科医師会学術担当理事 小鹿典雄

2010年3月11日木曜日

懐かしい先生




Dr.Tom Pittsのセミナーに参加してきました。
いつも参加するデーモンシステムのアドバンスコースで、最近は参加報告もしていませんでした。


セミナーの会場で席に座ろうとしたところ、札幌でお世話になった営業さんが一つ前の列でどなたかとお話ししていました。
「岡崎先生、実は、こちらの先生も北大関係の方です。」
と紹介を受けた方は、私が学生時代「歯周病・歯根治療」を教えていただいたインストラクターの先生でした。

5年生の時にご指導いただいたので、お会いするのは、23年ぶり。
現在は多摩市でご開業とのこと。

歯周病の患者様は矯正治療も必要になることがあるので、矯正治療の話も大変詳しく、また、当時の北大・歯周病の教授は、現在水戸にお住まい(→水戸一高の先輩です)なので、色々と話が弾みました。

昼食会場では、東京にお住まいの患者様の虫歯治療などをお願いしている北大の先輩にも会い楽しい1日でした。

良く考えたら、毎年、日程の関係で、北大歯学部の関東同窓会には参加していないので久しぶりなのですね~

2010年3月1日月曜日

第18回茨城県歯科医学会





平成22年2月28日(日曜日)第18回茨城県歯科医学会が開催されました。
http://www.ibasikai.or.jp/program.html

前回で歯科医学会実行副委員長終わりのはずでしたが、あと2回担当させていただくこととなりました。
当日天気はみぞれ、チリ大地震の影響で津波注意報がでて常磐線が遅れていると云う話まで聞こえてきて、さすがに今年は人出が少ないかと心配しました。しかし、はじまってみると会場にたくさんの方がいらっしゃいます。18回と会を重ねてきたことによりだいぶ認知されてきたのでしょうか。


今年も、
一般口演 18題
ポスター 9題
テーブルクリニック 8題
その他各種企画が開催され、小鹿実行委員長がずっと目指してきた「会員による能動的な手作りの学会」となりました。参加者も2年連続1000人を越えました。

来年は3年に一度の「日本補綴歯科学会東関東支部総会・学術大会」との併催の年にあたります。開催日は平成23年2月6日(日曜日)です。

一般の方対象の公開講座も開催されますのでぜひご参加下さい。